【お寺、お墓、葬儀】

おはようございます!

司法書士の立石です。

ブログ更新が久しぶりとなってしまいました。
最近お天気がよく、気持ちいいですね☆
なぜか早寝遅起きの爆睡生活で、
平日のランニングが怠け気味になっております・・・

最近、いろいろな仕事のお声がけをいただいているのですが、
司法書士暦で初めて受任した案件がありました。
「死後事務委任契約」です。
(※今回は弁護士さんからの復代理という形式です。)

司法書士は、財産に関する手続きをお手伝いすることが多いですが
「死後事務委任」とは、
亡くなったあとの財産以外に関するところ、
葬儀のこと、お墓のこと、役所への届出等です。

今回のケースは、ご親族に面倒を見てくださる人がいらっしゃらず
お客様自身はガンを患って入院しているという状況でした。
2週間前に初めてお会いしたのですが、お会いしてから1週間経たないうちに
お亡くなりになられました。
そこからは、葬儀屋さんの手配をし、娘さんとやりとりし、
OB会への連絡・火葬・お墓をどうするのかというところを協議していきました。

財産関係だと、通知・通帳等で何かしらの情報があり調べることが可能ですが
お寺・お墓・葬儀社さんに関しては、どこと親しくしているのか
第三者には一切分からないです。
お寺の方にも8件ほど電話してみましたが、該当なしか個人情報なのでと教えてもらえません。

なんとか葬儀屋さんのご協力で、先日火葬が終わりました。
たくさんのお花を供えていただきました。
ありがとうございました。

普段は財産に関することを「生前準備」してくださいとお伝えしているのですが
葬儀やお墓、お寺に関するところ、誰に連絡するかも含め「生前準備」しておく必要があるなと身をもって痛感しました。

またひとつ、これからお客様に役立つアドバイスができるようになります(^^)

20150519120805

司法書士事務所fine ~あなたに有意義な時間と安心を~——————————————————————

大阪市中央区・堺筋本町の司法書士
司法書士事務所fine☆☆☆

〇相続・財産管理に関するご相談
〇会社設立・登記に関するご相談
承っております!

TEL 06-4963-2611

 

広告

【不動産決済までの司法書士の仕事】

おはようございます。
司法書士の立石です。
facebookの更新ばかりしていたら、ブログ更新がご無沙汰になってしまいました!
気づけば、5月初ブログです。
皆様、元気でお過ごしですか??

私は、5月GWで家族で仙台に行ってまいりました。
すごく静かで涼しかったです。
牛タンがすごくおいしかったので、毎日食べたかったですが、
GWは人が多すぎて15時ごろに一回食べただけでした。
20150505060246

さて、今週はありがたいことに不動産のお取引が何件かありますので
今日はその準備に動き回っております。

★不動産のお取引までに、司法書士がすること。

①不動産の調査(特に権利関係)
②売主さんに住所変更がないか、買主さんは居住用で購入されるかなど、取引情報の確認
③住宅ローンを組まれる場合、融資銀行からローン関係の資料の預かり
④売主さんがローンを組まれていた場合、その担保権を抹消させる資料の確認
⑤登記に必要な書類は事前に揃えてもらうよう、ご案内
⑥登記の申請書類の作成、預かり書類の仕上げ
⑦決済当日、再度不動産情報の確認
⑧決済にて、ご本人確認・意思確認、書類の確認をして実行する

こうして見てみると、司法書士の仕事は結構出かけていくことが多いんです。
お客様が決済には来られないという場合、事前にお会いすることもあります。

今日は③です。お天気がいいのでルンルンで行ってきます♬

司法書士事務所fine ~あなたに有意義な時間と安心を~——————————————————————

大阪市中央区・堺筋本町の司法書士
司法書士事務所fine☆☆☆

〇相続・財産管理に関するご相談
〇会社設立・登記に関するご相談
承っております!

TEL 06-4963-2611