【外国人が、日本で起業しやすく】

こんにちは!
ブログ更新が久しぶりです。司法書士の立石です。

司法書士の仕事は、『登記手続き』なのですが、
一口に『登記手続き』といっても、会社の登記や不動産の登記、相続の関係など
登記が必要となる場面場面の状況が大きく違います。
それぞれの場面で、お客様の力になれるよう励んでおります!

さて、今日は海外関係の情報です。
日本に必要とされる司法書士事務所を目指しておりますので、
渉外手続きに関する情報を積極的に取り入れるというのが当事務所の方針です。

日本経済新聞に「外国人、起業しやすく 在留資格緩和で投資促す」という記事があります。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS18H13_Z10C15A1MM8000/
起業での在留資格を取得するのに、今までは先に法人登記後の登記事項証明書が必要で、
でも日本に住所がないと法人登記できない というジレンマがありましたが
この4月からは登記事項証明書の代わりに、
会社定款など設立しようとしていることを明らかにする書類
で対応できるようになります。

在留資格の手続きは行政書士さんにお願いすることになるのです
日本での起業にご興味がある方がいらっしゃったらご連絡ください☆

司法書士事務所fine ~あなたに有意義な時間と安心を~

——————————————————————

大阪市中央区・堺筋本町の司法書士
司法書士事務所fine☆☆☆
〇相続・財産管理に関するご相談
〇会社設立・登記に関するご相談
承っております!

TEL 06-4963-2611

広告

【インターネット投稿と名誉棄損】

おはようございます。

司法書士の立石です。

先週の研修で、インターネットへの投稿による名誉棄損について
弁護士の方のお話を聞いてまいりました。

20150121083919

インターネット上で、『こんな投稿いいの?』って思うような、
書かれた方は確実に傷つくような内容である場合でも
その投稿が消されないのはどうしてでしょうか。消すにはどうすればいいのでしょうか。

『こんな投稿いいの?』というのは、被害者の名誉保護からの目線ですが、
逆の目線からは、閲覧者の知る権利、投稿者の表現の自由の保護が考えられます。
投稿してはいけないとすると表現の自由が制限されますし、
情報操作がなされる危険性もあるわけです。
ですので、勝手に投稿が消されるということはないわけです。

消す方法ですが、
投稿した人物・サイトの運営者に対して削除請求を行います。
投稿者を特定するには、
発信者情報開示請求をプロバイダ等に行う必要があるのですが、
この発信者情報は1カ月から6カ月しか保存されていないのが現状です。

インターネットで簡単になんでも投稿・情報発信できる時代ですが
一度投稿されると消すのは難しいのが実情、ということを知りました。

司法書士事務所fine ~あなたに有意義な時間と安心を~

——————————————————————

大阪市中央区・堺筋本町の司法書士
司法書士事務所fine☆☆☆
〇相続・財産管理に関するご相談
〇会社設立・登記に関するご相談
承っております!

TEL 06-4963-2611

【渉外業務取り扱っております】

おはようございます。

司法書士の立石です。
今日からまた新しい1週間の始まりですね!

司法書士事務所fineは、今後
『渉外業務』も取り扱っていく方針です。

渉外業務とは、海外の手続きが絡んだ案件のことです。
〇海外から日本に子会社の設立を検討している
〇外国籍の方の財産を相続した
〇海外在住の方が日本の不動産を購入する
などといった案件です。

渉外業務を多く取り扱っている司法書士の団体
「NPO渉外司法書士協会」に加入しておりますので、
実務上の最新情報を入手できる環境も整えております。

日本に必要とされる司法書士事務所を目指します!

20150119082450

司法書士事務所fine ~あなたに有意義な時間と安心を~

——————————————————————

大阪市中央区・堺筋本町の司法書士
司法書士事務所fine☆☆☆
〇相続・財産管理に関するご相談
〇会社設立・登記に関するご相談
承っております!

TEL 06-4963-2611

【 祝★成人 】

おはようございます!
月曜日です。

昨日は成人の日でしたね。新成人の皆さん、おめでとうございます。

20150113075336

これで、
お酒を飲めるようになったり選挙行けたりと
20歳をもって「できること」がグッと増えますね♪

民法上は、20歳から『行為能力』が認められ、
親の同意なく、契約するといった法律行為が単独でできるようになります。
また、親の同意なく結婚もできるようになります。

自立心旺盛の私は、成人になれたことがとても嬉しかったことを覚えています(^^)

ひとりでできるようになる=自分で責任を負う
ですので、さらに身を引き締めていきましょう!

今年、妹が新成人の、司法書士立石がお送りました☆

司法書士事務所fine ~あなたに有意義な時間と安心を~

——————————————————————

大阪市中央区・堺筋本町の司法書士
司法書士事務所fine☆☆☆
〇相続・財産管理に関するご相談
〇会社設立・登記に関するご相談
承っております!

TEL 06-4963-2611

【登記の無料相談】

こんにちは!

司法書士の立石です。

午前中から13時までの、法務局での無料相談行ってまいりました。
私自身、無料相談員を務めたのははじめてで
こんなにも『無料相談』制度はたくさんあるのだなと知りました。

無料相談は、色々なところで開催されています。
法務局でも、登記官による登記相談ブースが設けられています。
大阪司法書士会でも、大阪法務局の2階で相談のお部屋を設けており、
毎週月・水・金 午後13時~15時まで、 司法書士が待機しております。
※予約制です。
予約は大阪司法書士会(06-6941-5351)まで。

大阪法務局2階 登記相談

※こちらは、相談のお部屋の前の写真

司法書士に登記をお願いすれば当然費用は発生するので
ご自身でなんとか登記をしたいという方もいらっしゃいます。

しかし、無料である以上、
●相談までの順番待ち
●相談場所まで足を運ぶ
●資料は全部自分で集め、自分で作成
●一度で完結しない
●登記を申請したあとも、訂正・追加の可能性がある
等の負担は当然あります。

上記の負担を克服するには、司法書士への依頼ということになりますが、
無料の方が重視だという方は、無料相談をぜひご活用ください。
その際には、待ち時間がとても長いというのは覚悟の上でお願いしますね♪

司法書士事務所fineは、有意義な時間をと安心をご提供するために存在します。
専門家に依頼することによるメリットを、最大限お客様にご提供いたします。

司法書士 立石和希子

司法書士事務所fine ~あなたに有意義な時間と安心を~

——————————————————————

大阪市中央区・堺筋本町の司法書士
司法書士事務所fine☆☆☆
〇相続・財産管理に関するご相談
〇会社設立・登記に関するご相談
承っております!

TEL 06-4963-2611